3419381885391157

LINE Out活用で月々の通話料を最大95%節約!

シェアする

LINE Outとは?

LINE Outをご存知ですか?

ほとんどの方が利用しているアプリ「LINE」にある機能で、固定電話や携帯電話の番号に対して電話をすることができる機能です。

LINE Outを使うと、普通に電話をかけるときと同じように電話をすることができます。この際に通話料がかかるのですが、普通に携帯電話からかけるよりもかなり安い通話料で電話をすることができます。また、1日に5回まで15秒の広告を見ることで、無料で一定時間通話することもできます。

今回はこれらを活用した節約術を紹介していきます。

LINE Outの料金

LINE Outの料金は2パターンから選ぶことができます。

1つ目は「コールクレジット」です。

こちらはあらかじめ1回120~6,000円の範囲内でチャージをして利用します。1クレジット=1円で利用できます。購入はアプリ内ストアのLINE Storeで行えます。クレジットの有効期限は購入から180日間になります。

2つ目は「30日プラン」です。

こちらは購入から30日間の有効期限で、一定の時間まで通話ができます。通話先は固定電話のみ、固定電話と携帯電話の両方にかけられるプランに分かれています。

以下の表を参考に比較をしてみてください。値段をわかりやすいように全て「円」で統一していますが、コールクレジットはクレジットが消費されています。

 携帯電話固定電話利用料金合計

有効期限

(購入時から)

コールクレジット14円/分3円/分120~6000円180日

30日プラン

(携帯&固定120分)

6円/分6円/分

720円

30日

30日プラン

(携帯&固定60分)

6.5円/分6.5円/分

390円

30日

30日プラン(固定のみ60分)2円/分120円30日

※LINE Outを使わず、通常の電話の場合通話料はおよそ20円/30秒(かけ放題等がない場合)

こちらを見てもらうとわかりやすいですが、通話を頻繁にする方ならば30日プランでの利用がオススメです。ただし注意点として、30日プランの携帯と固定電話共にかけられるものでは30日プランの固定電話のみやコールクレジットでの通話に比べて料金が高くなりますので、どのくらい自分が固定電話への通話を利用するか判断が重要です。

どの使い方でも、残高が少なくなったら自動でチャージをするオートチャージ機能がありますので、ずっと使い続けようと思っている方でも使いやすいです。

無料の電話LINE Out Freeの活用術

LINE Out Freeは1日に5回無料で一定の時間まで通話ができるサービスです。通話の際には15秒の広告動画を見る必要があります。通話時間は国内同士の場合、携帯電話へは1分、固定電話へは3分を上限に通話可能です。

通話中、残り時間が20秒を切るとピーッという音で知らせてくれます。時間を過ぎると自動で通話が切れます。

その他の機能として、提携している全国の飲食店や娯楽店に対して無料で5分まで通話することができます。予約や店内の空き具合の確認等に使う場合は短い通話時間でも問題はないため、こちらはぜひ活用していただきたいです。

LINE Outの使い方

「LINE」アプリを使っている方なら、すぐに利用することができます。

ニュースタブを通話タブに変更して利用する

こちらのやり方はまず、友達一覧の画面にて右上の歯車マークで設定を開きます。(右上赤丸)

次に設定の中の「通話」を開きます。

最後に「通話/ニュースタブ表示」を開いて「通話」を選ぶと、ニュースタブが通話タブに変更されます。

以上になります。

通話画面の説明

通話画面の説明です。

青丸部分をタップするとLINEの友達上の連絡先にLINE Outで電話をかけられます。

赤丸部分をタップすると電話番号を入力する画面となり、自由に電話をかけられます。

下のLINE Out free 本日残り○回の部分が、その日に無料で電話をできる残り回数になります。詳しくはLINE公式サイトをご覧ください。

まとめ

普段からよく使っているLINEを活用できるので、簡単に手間なく実践できて相当な節約効果を発揮できるため、ぜひ実践してみてください。

使い慣れたものをそのまま使える節約術は、普段の生活で無理に何かを変える必要がなく、節約を始めようと思ったときに気軽に始めやすく長続きしやすいものです。

携帯代の支払いが高いなあと感じたら小さな積み重ねですが、1ヶ月、1年と積み重ねると大きな節約に繋がります。